看護師年収 アメリカ

アメリカの看護師年収

日本でも看護師が重要な職業になっているのと同じように、海外でも看護師の役割はやはり大きなものと言えるでしょう。多くの国で看護師といえば、どのような仕事をしているか簡単にイメージをしていくことができるくらいです。しかし重要といっても、そのレベルには差があり、特にアメリカの看護師の重要性というのは日本よりもずっと高いものになっていると言えるでしょう。

アメリカの看護師に関する仕組みや制度は日本のものとは大きく異なる点も多く、また立場も変わってきます。現在の日本での看護師は、病院に関する雑務から患者さんへのケアまで幅広く対応できる、ある意味何でも屋的な存在としてありますが、アメリカの看護師は患者のケアということに対して看護師の存在意義がとても強く、それは時に、医師よりも強い立場にしてしまうこともあります。そのため日本の看護師のイメージとは少し違う部分も多くあると言えます。

アメリカの看護師の年収は日本の看護師の年収よりも高額であることが多いです。 1,5倍のほどの差が出てきてしまう事もあり、それ以上の場合も当然あると言えます。これには医療制度なども大きく関係してきていますが、やはり看護師の重要性が高いということになると言えるでしょう。

また年収が多くなることに影響しているものとして、若い人がしっかりと生涯を通して看護師として活躍することができるということもあります。これは若いうちに看護師としての理想がもてなくなってしまうということが少ないといことになります。看護師として働く時の仕組みなどがしっかりしているので、比較的余裕を持って仕事ができるようです。日本の看護師のようにバタついたイメージというのはあまりなく、その分仕事に集中できることになるでしょう。そのため忙しすぎることで、心身的なストレスを溜めてしまうことも少なく、若いうちに大きく自信をなくしてしまうことも少ないようです。

日本の看護師も非常に優秀な人もいれば、将来的に優秀になるであろう人も多くいます。しかし環境の差によって、活躍できるようになる人もいれば、途中でリタイアしてしまう人もいるというのは大きな問題と言えるでしょう。年収だけではなく、アメリカの看護師にはよい部分がたくさんあることになります。日本の看護師の世界にも取り入れるべき点はいくつがあると言えるのではないでしょうか。ただ、必ずしもアメリカの看護師としての働き方が、日本にとって良いということではないので注意が必要です。

今の年収に納得がいかないなら転職しよう!求人は豊富にあります!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国