血液センターの看護師の平均年収

血液センターで働く看護師の年収相場

血液センターは、各都道府県とブロックで合計54カ所設置されています。血液センターの仕事は、献血者と輸血を必要としている患者さんとの橋渡しをする重要な拠点になっています。具体的には、献血に関わることや採血、献血する人への接遇などです。採血が主な仕事となるので、特に病院勤務のような治療などをする必要はありません。

しかし、献血する人の中には、初めての経験のため緊張が強くて気分が悪くなってしまう人もいるので、その場合には会話を通してリラックスさせたり、気分が悪くなった時に適切な処置をしたりします。血液センターの仕事は、病院勤務の時のような命に関わるものではないため比較的精神的に楽だといえます。それでもせっかく献血をしに来てくれた人に痛い思いをさせたり、不愉快な気分にさせないように気を配る必要があります。「また献血してもいいかな」と思って帰ってもらえるように心がけなくてはなりません。

看護師としての資格を生かして血液センターで働く場合は、病院のように夜勤がないため人気があります。特に子育て中の看護師にとっては、時間外勤務や日曜出勤なども非常に少なくなるため、魅力的な職場だといえます。さらに健康保険や雇用保険、厚生年金などの福利厚生も充実しているので、自分の時間を大切にしながら長く勤められる環境にあるのではないでしょうか。

血液センターで働く看護師の年収ですが正社員の場合、勤続3年で470万円、勤続5年で500万円というのが平均した年収になります。この金額は、病院看護師のような夜勤なしの日勤としては、非常に高いのではないでしょうか。また、アルバイトやパートでも時給1,500円以上ですからこちらの方も高めに設定されています。

看護師が血液センターを職場として選ぶ時の多くは、子育て中で仕事と家庭の両立をさせたいという場合や、長年の病棟勤務で精神的にも肉体的にもちょっと疲れてしまったという場合などさまざまです。

一般的に血液センターの仕事は、病棟看護師に比べると楽だといわれていますが、献血バスで遠くまで出向いたりすることもあります。一旦バスがセンターから出発すると子供さんが熱を出して保育園などから呼び出しがかかっても仕事が終わるまでお迎えにはいけません。そのあたりの家族との協力体制が必要になってきます。

血液センターの仕事は人気があるので、募集があってもすぐに締め切られてしまうこともあります。もし自宅の最寄りの血液センターに転職したいと考えるのなら、転職サイトに登録しておきましょう。求人が出た段階ですぐに連絡がもらえます。

血液センターの看護師求人を探すならコチラ!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国