看護師年収 病院別

病院別の看護師年収

病院による看護師の給料の差というのは非常に大きなものがあります。現代では看護師の働く領域が増えてきているので、さらに大きな差が出てきていると言えるでしょう。比較的楽な仕事であるが、給料は低いということも当然ありますが、給料が高いが、非常に磯が強いということもあります。病院や就職する場所による年収などになってくるとより大きな幅ができてしまうことになります。年収単位で見てみると 50万円から100万円ほど差がある場合も決して珍しいものではないと言えるでしょう。

病院ごとの給料を見ていくとだいたい、看護師の平均的な年収である400万円前後の年収がある場合が多いですが、やはりこの平均というのもあくまでも目安としておいた方が良いと言えるでしょう。病院による給料の差で大きいのは手術の有無、夜勤の有無、そして規模が大きく影響してきます。手術の有無というのは、その病院が担当する科目によって変ってくると言えるでしょう。また病院の規模なども影響してきます。夜勤の有無は入院することができるかどうかなどが影響してきます。

このようにして見ると大きな病院のほうが基本的に年収は上がっていきやすいことになります。ただ、大きな病院であると人の移動も激しくあり、体力的にも精神的にも疲労を抱えてしまうことが多いようです。そのためあえて小さな病院や診療機関に行って、給料が低くても継続的に仕事をしていけるようにする看護師もいます。

大きな病院でも転職を繰り返し、勤めている場合では、小さい診療機関で長期的に勤め、昇給などがある看護師のほうが結果的に年収が大きくなっているということもあります。年収を判断する際に、病院の規模を見ていくことは大切ですが、しっかりと働くことができるかどうかを見ていく事も大切です。また転職をするときのタイミングも大切になってくるでしょう。

極端なことを言ってしまえば、自分のやりたいことができ、そして仕事を充実させていくことができるのが一番年収を増やしていく近道になると言えるでしょう。仕事が多くてもやりがいを感じていればそれだけ仕事をこなしていくことは可能です。給料が低い場合でもしっかりと働いていくことができるでしょう。転職はそのための手段の一つであり、何となくという理由で転職をしてしまうと、結果的に年収を増やすことから遠ざかってしまうことになるので、注意が必要です。給料を増やすことができなくても、転職してよかったと思えることは大きな意味があることと言えます。

病院別の看護師の年収相場をご紹介!

・聖路加国際病院
・名古屋市立大学病院
・済生会横浜市東部病院
・埼玉医科大学病院
・慶應義塾大学病院
・久留米大学病院
・倉敷中央病院
・熊本大学病院
・大阪市立大学病院
・宮崎大学病院

年収アップの転職ならエージェントを使おう!サポートが充実しています!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国