済生会横浜市東部病院の看護師の平均年収

熊本大学病院で働く看護師の年収相場

熊本大学病院は、1756年に藩主細川重賢侯が建てた再春館を起源とする病院で、その歴史はなんと250年にも及びます。その後医学校の付属病院となったり独立したりを繰り返し、1949年に熊本大学医学部付属病院となりました。高度先端医療に力を入れており、先端医療支援センター、地域医療連携センター、がん診療センター、治験支援センターなど、先端医療に関する部署も数多く抱えている病院で、特定機能病院にも指定されています。高度な医療を行う病院で最先端のスキルを身につけられるため、看護師としても働き甲斐のある病院です。院内での研修も充実しており、幅広い分野の研修や勉強会が随時実施されています。

大学病院で最新の医療・看護技術を学ぶことができるという点や、その待遇から熊本大学病院は、看護師にとって熊本県内でも屈指の人気病院になっています。毎年新卒で多くの看護師が入職しますが、採用初年度の看護師で総支給額が28〜32万円ですから、賞与を入れると年収450万円前後と、熊本の給与水準からいうとかなり高い金額にあります。だいたい全国平均と同じくらいの金額ですが、地方に行くにしたがって給料が下がる傾向があるので、熊本でも首都圏並みの給与がもらえるとなると、周囲の病院に比べると高給になるでしょう。

さらに、採用されると国家公務員に準じた身分になるので、文部科学省共済組合や雇用保険にも加入するなど、公務員なみの福利厚生があるのでもメリット。女性看護師専用の無料宿舎や、院内保育所があるなど、女性に優しい取り組みをいろいろと行っているのも特徴です。産休や育休を取った後に、スムーズな職場復帰ができるように、育児休業復帰支援プログラムとして、復帰の前に研修を実施。日勤の外来勤務で昼間のみのパートタイマーも採用しているので、子どもが学校に行っている昼間だけ働きたいという人にも働きやすい職場です。

熊本大学病院は、大学病院ならではのしっかりした教育制度と、恵まれた待遇などの影響もあって、離職率はかなり低い病院です。辞める人が少ないために、求人の数はそれほど多くはないのですが、経験者として中途採用も行っています。熊本大学病院への転職を希望する場合には、いつも求人が出ているわけではないので、転職サイトをこまめにチェックするか、転職エージェントなどに登録しておきましょう。中途採用の場合は特に非公開求人としてエージェントを通した採用を行う場合もあるので、何社かに登録しておくことでかなり転職先の幅が広がります。

年収アップの転職ならエージェントを使おう!サポートが充実しています!!

ランキング ランキング1位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国