看護師年収 看護師長

看護師長の看護師年収

看護師は大変やりがいをもって働くことができる職業です。生涯の仕事として、看護師を選ぶ人も多いことでしょう。看護師としてのキャリアを積むと、自然と役職も備わってきます。看護師の役職には、看護師長と呼ばれるものがあります。

看護師長の仕事内容は、簡単にいうと看護師の取りまとめ役ですね。大病院となると大勢の看護師を取りまとめ、それぞれが仕事が出来やすいような環境を整えていきます。いわば、看護師長は看護師達の「縁の下の力もち」なのです。時には、人材育成の為に厳しく指導を行いますが、看護師をサポートする役職であります。各部との連携をとるのも看護師長の仕事であり、目標をたて、それに向けての指導や管理も行われます。こうしてみると、看護師長は大変な激務であることが分かりますが、看護師として働いていた頃とはまた違ったやりがいをもつことができると思われます。

多くの仕事をしなければならない看護師長ですが、看護師長になるためには多くの経験が必要となります。現在、看護師として働いている人の中にも将来は看護師長を目指している人も多いことでしょう。そこで、気になるのが看護師長の年収です。看護師の平均年収は400〜500万円です。それが看護師長になると年収は800万円を超えることが予想されます。

民間の総合病院の看護師長の年収は700万円、民間の大学病院になると800万円の年収になります。公立病院の看護師長では年収850万円、そして国立病院勤務の看護師長となると年収はは950万円となります。看護師長を務める人の平均年齢は50歳とされています。一般企業で事務職に就いている50歳の女性の平均年収が300万円と言われてますので、看護師長の年収がいかに高いかが分かりますね。

看護師長の年収には、ボーナスや役職手当を含む金額です。年収の高さからみると月収もかなり高額であることが予想されますが、認識しておかなければならないこともあります。夜勤を行う看護師は、看護師手当が支給されます。しかし、看護師長となると夜勤の回数が減りますので、月収は夜勤を行う一般の看護師と同じ位になることもよくあるみたいですね。

看護師長になるためには、経験と管理能力が求められます。経験はひとつの病院だけではなく、転職をすることによって得る貴重な経験もあります。様々な病院を見て回ってきた人の方が、広い視野をもって看護師長の任務を遂行できると思われます。

看護師長の求人ならエージェントで探そう!非公開の求人が豊富!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国