治験の看護師年収

治験の看護師年収

看護師の資格を生かした仕事に治験に携わる仕事があります。治験看護師やCRC(治験コーディネーター)と呼ばれたりします。治験とは、新薬を被験者に使用してもらい、その効果などを調査するお仕事です。治験の目的や新薬を使用することで発生するリスクの可能性などを被験者に説明することも治験看護師の任務です。

臨床の現場で活躍する看護師が多い中、最近では治験業界へ転職を希望する人が増えています。そこで、気になるのが治験看護師の年収です。一般的に高い年収とされる看護師から治験看護師への転職は、収入面にどの様な変化があるのでしょうか。

治験看護師の年収は、経験の有無が大きく影響します。経験が全くない人が治験看護師やCRCの職についた場合、年収は300〜400万円です。看護師の平均年収が約450万円ですから、転職をすると年収は下がってしまいますね。しかし、治験業務に経験がある人が転職をした場合ですと、年収は450〜700万円と未経験者とは差が生じます。

「治験業界に興味はあるけれど、年収が下がるのがちょっと・・・」と転職に二の足を踏む人もいらっしゃることでしょう。確かに、転職した直後の年収は、看護師時代に比べると下がるかもしれません。しかし、将来をビジョンにいれた転職となると、治験看護師はかなり魅力的な職業であることが言えます。なぜなら、治験業界はキャリアが重要視される業界です。言いかえれば、治験業界は経験を積めば積むほど、年収をアップさせることが可能なのです。

治験看護師を経験し、臨床試験モニターや治験プロジェクトリーダーなどに昇進をしていくと、それに伴い年収もグンとアップします。年収1000万も夢ではありません。看護師のキャリアを積み、看護師長などの管理職でさえ年収は800万円超といわれています。となると、治験看護師のキャリアを積む方が年収面ではメリットが多いと思われます。

治験看護師やCRCへの転職では、年収面もさることながら、労働条件も看護師に比べるとかなり魅力的です。治験看護師やCRCは、夜勤が無く、土日が休みの週休二日制で働けるところが多いですね。夜勤、不規則な休日といった過酷な労働条件で働く看護師とは、待遇面でも大きな差が生じることになります。但し、治験看護師の求人は一般に公開されることがあまりありません。それに看護師の求人に比べると需要も少ないことが予想されますので、看護師転職サイトなど専門職の転職を取り扱うサイトを利用するのがオススメです。

治験への転職なら看護師専門サイトを利用しよう!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国