副師長の看護師年収について

副師長の看護師年収相場

副師長とはどのような立場なのでしょうか。そして年収相場としてはどのくらいなのでしょうか。

まず副師長の立場は、看護師長の下に位置し看護師長と連携をとりながら、部署をまとめる役割を担っています。実際の仕事の分担という明確なものはありませんが、お互いに協力しあって部署内を統括するということです。

看護師長の場合は対外的な役割もあるため、あまり現場での指示や看護師一人ひとりに目を向けることはできません。その穴を埋める役割として求められているのが副師長といってもいいでしょう。学校でいえば、校長先生が看護師長で、副校長先生が副師長といったところでしょうか。

看護師長の仕事をできるだけ軽減するために置かれている役職ですから、看護師長を陰で支えながらサポート役に徹底することが必要になります。看護師たちを現場でまとめるためには人望も必要ですし、マネージメント能力も備わっていなくてはなりません。

副師長の年収は、看護師と看護師長のちょうど中間くらいだと考えればいいでしょう。看護師の場合ですと30代で平均年収は、夜勤も含めて500万円ほどになります。看護師長の場合は40代前半で年収600万円を越えます。副師長の場合は、一般的に30代の半ばから後半にかけて役職に就く人がほとんどですから、年齢的な面と昇給を考慮しておよそ550万円くらいになります。そこへ各役職の手当てが追加されることになります。したがって副師長の場合は、550万円プラス100万円〜200万円で650万円〜750万円といったところでしょうか。

このように役職手当によって、年収は100万〜200万円、場合によってはそれ以上の手当てがあるところもありますし、逆に仕事が忙しくなるだけで手当てがつかないというところもあります。また、管理職には残業代が支払われないところや、会議だけが多くなり、夜勤の回数が少なくなってしまったために給料が減ってしまったと嘆く副師長もいます。

給料のアップだけを目的に管理職になっても到底務まらないことが多くあります。給料以上に看護師として求められるレベルが高くなりますし、他の看護師たちの手本にならなくてはなりません。相談事にも乗らなくてはならないので、大変だとは思いますがやりがいという点でチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

もし副師長という立場で転職するのならば、こうした実情を踏まえた上で、しっかりと職場選びをすることが大切です。そんな時に活用したいのが転職サイトです。面接では聞きにくい細かな給料や役職手当のことも担当者がズバリ聞いてくれるので、安心して転職ができます。

副師長の求人をお探しならこの看護師転職サイトがオススメ!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国