看護師年収の今後の予想

看護師の年収の今後の予想

現在の看護師の収入は、一般サラリーマンに比べるとかなり高収入といえます。看護師の今後の年収・給料はどうなっていくのでしょうか。看護師の給料の年収平均はたとえば勤続7年、年齢37歳の場合の平均として年収約470万円となっています。これには基本給に加えて、住宅手当、賞与なども当然含まれています。ここまでは一般サラリーマンとほぼ同じでしょう。しかし大きく違うのは夜勤の勤務手当がつくというところです。そのため、仕事量からすると決して高水準とはいえないのではないでしょうか。

また、看護師の場合勤務地によっても非常に差が出てきます。首都圏やその周辺では物価も、もちろん高くなっているので給料も高くなります。それだけでなく、人口密度が多い分、夜間の需要も多くなるため、夜間勤務も多くなりますし、その分時間外手当や夜勤手当も付きますので収入は多くなります。たとえば東北では月収36万円、関東では44万円という大きな隔たりがあります。特に、首都圏では看護師不足に悩んでいますから、報酬も高くなる傾向になります。こうした格差がさらに看護師を首都圏に集中させるため、地方の看護師不足が深刻になってしまいます。

医療界では常に看護師不足に悩まされています。その要因としは、看護師のほとんどは女性です。多少男性の看護師が増えてきたとはいえ、まだまだ女性の割合が多いのが看護師の世界です。せっかく看護師の資格を持っていても結婚・出産・子育て、あるいは介護といった理由で離職を経験します。復帰したとしても生活との両立のため、夜勤や残業が出ないという理由だけで、低賃金であったり、非正規雇用での採用を受けざるを得ない立場にあります。こうした根本的な雇用条件を変えない限り、看護師の年収は全体的には上がることはないでしょう。

さらに、役職に就くことで昇給するのが一般的ですが看護師の役職の場合、部署スタッフに数に対してポストの数が少なく昇給のチャンスが少ないことが上げられます。加えて、従来は多くの病院で国家公務員基準で給与を決めてきたという経緯があり、看護職の給与水準を抑制している要因になったと考えられています。

病院数と看護師の数のバランスが取れないという現状で、厚生省では看護師の免許を持っていながら職についていない潜在的看護師の発掘に力を入れています。そのためには、子育て中の看護師にも安心して就業できる環境を整えたり、首都圏と地方の給与格差をどうするのかといった問題が課題となっています。

看護師の年収の今後の予想としては、底上げが進むとともに、地域や病院によって格差がさらに進むものと予想されています。同じ看護師としての仕事をしているのに、給料に差がつくような転職を避けるためにも、転職サイトを上手に利用しましょう。

看護師求人をお探しならこの看護師転職サイトがオススメ!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国