看護師年収 保健所

保健所の看護師年収

看護師として働く場は、たくさんあります。市町村の保健所もそのひとつです。「保健所に看護師がいるの?」と疑問に思う人も少なくありません。それもそのはずです。保健所には保健師と呼ばれる人も働いていて、実際のところ保健師と看護師の違いは分かりにくいですね。

保健師の資格は看護師の資格にプラスして取得することができます。看護師国家資格を取得後に、さらに保健師国家試験にパスする必要があります。最近では、両方の修了コースを備えている大学や専門学校が増えているようですね。

保健所での主な仕事は、企業から委託を受けた健康診断の補助を医師の元、行います。また、乳幼児の検診や、それにまつわる相談にのったりするのも保健所での仕事です。保健所にはその市町村に住む多くの人が訪れますので、様々な人と接し、アドバイスを行います。

そこで、気になるのが保健所で働く看護師の年収です。保健所は市町村の管理下にありますので、そこで働く看護師は公務員に属します。給与は公務員として定められた金額となります。つまり、保健所で働く看護師と、市町村にある市立病院勤務の看護師と基本給は同じという訳ですね。

基本給は同じでも、保健所と病院勤務では年収は変わってきます。なぜなら、病院勤務には各種の手当が支払われるからです。夜勤勤務や休日手当、危険手当と呼ばれるものもあります。その点、保健所に勤める看護師は、もちろん夜勤はありませんので手当の支給は見込めません。看護師に加え、保健師の資格をもった人の年収は350〜400万円とされています。 これは病院勤務の看護師よりも下回っていると思われます。

しかし、保健所勤務のは勤務条件にはメリットを感じる人が多いようです。例えば、休日です。保健所は公の機関ですので、もちろん土日が休日となり、カレンダー通りに休みをとることができます。公務員としての待遇により、有給休暇や福利厚生が整っています。病院勤務の看護師に比べ、断然休日がとりやすいですね。プライベートの時間がとりやすく、その点が時間に追われる労働を強いられる病院勤務とは大きく異なります。

そして、なによりも精神的なプレッシャーが少ないと思われます。病院での勤務では、命にかかわる患者さんを目の前に仕事をこなさなければなりませんので、常に緊張感をもって接することが求められます。保健所では、訪れる人は病気を患っていない人、つまり病気の予防をしたい人が訪れます。よって、患者と接する病院勤務の看護師よりは、精神的に楽であると思われます。

保健所への転職なら看護師の転職サイトを使おう!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国