看護師年収 低水準

看護師年収の「低い」水準

看護師の年収について、水準が高いと思われる人もいれば、低いと思われる人もいらっしゃると思います。なぜ、そのような差が生じるのでしょうか?そこには、看護師として実際に働いてみないと知る由がない現状が大きく関係していると思われます。

看護師の年収は、平均して450万円とされています。一般企業に勤める女性社員の平均年収が200万円ですから、看護師年収の水準の高さが分かります。こうした年収の額だけを比較すると看護師は高報酬を得ていると感じます。

しかしながら、看護師が高報酬とされる裏側には過酷な労働環境があります。看護師の仕事は過酷です。立ち仕事が多く、時間外労働や夜勤もあります。ひと昔前には、看護師の仕事を「3K」と称されていましたね。「きつい・きたない・きけん」です。何よりも患者さんの命に関わる仕事ですから、常にプレッシャーを感じながら働いています。まさに看護師の仕事内容は過酷を極め、重労働なのです。

一般的には看護師の年収水準は高いと感じられるかもしれませんが、重労働を考慮して考えると決して高い水準ではありません。看護師は、重労働の割りには年収の水準が低いとさえ言われています。実際に看護師として働き、その過酷さを知っている人にとっては、看護師の年収水準は低いと感じているはずです。仕事内容と年収が比例しないことを実感している人が沢山いらっしゃるでしょう。基本給に加えて、残業などの手当てが支給される仕組みになっていますが、正確にカウントされることも珍しいようです。労働時間は不規則ですし、休日も思うようにとれないといった現状があります。

看護師の年収の水準は、病院の規模や地方差も生じています。大規模な病院での勤務はそれなりの年収が期待できますが、小規模経営の病院や地方の病院となると年収の水準は低いと思われます。高年収を望む、大病院へ転職をする人も少なくありません。また、看護師本人のキャリアも年収に大いに関係していきます。看護師は年齢が上がると年収もアップします。当然のことながら、長く働くことによりキャリアを積むことになりますので、年収アップは当然のことです。

しかし、女性は結婚や出産を機に一旦、看護師を辞める人が多い様です。看護師の過酷な労働と家庭や育児の両立は、大変ですからね。そして、子育てが一段落つき、再び看護師として働きだす人が多いです。再就職組の看護師は常勤ではなく、非常勤やパートのスタイルを好みます。そうなると、年齢が高くても年収は低いといった現状となります。

転職エージェントを利用して年収アップ!その秘密はコンサルタントにあります!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国