看護師年収 夜勤専従

夜勤専従の看護師年収

看護師の仕事は日勤や夜勤といった交代制で行われ、多くの病院ではシフトを組、それらの交代を行っています。交代制の中でも特に夜勤の仕事が厳しいとされています。主に日勤で働き、週に1度程のペースで夜勤に入るといったケースが多いようですね。日勤と夜勤がシフトに組み込まれた勤務は、生活のリズムが崩れ、身体的にも疲れてしまいます。小さな子供をもつ看護師は、夜勤の勤務に入ることができないといった状況です。よって、夜勤ができる看護師は人手不足の状況に陥っています。

そこで、夜勤ができることを採用の条件に掲げる求人が増えています。最近では、夜勤だけを行う「夜勤専従」といったスタイルがあります。夜勤専従では、日勤を行わずに、夜勤のみ仕事に就きます。病院側からの求人でも夜勤専従の求人が目立つようになりましたね。

夜勤だけを行う夜勤専従の仕事は、大変といったイメージが強いですね。確かに、夜の労働はキツイです。しかしながら、生活リズムが夜型になってしまえば、そのリズムを体が覚え、夜勤を問題なくこなすことができると思われます。昼間の時間を有意義に使うことができるので、魅力に感じる人も少なくありません。

では、気になるのが夜勤専従で働いた場合の年収です。日勤と夜勤が組み込まれたシフト制では、夜勤には夜勤手当と呼ばれる手当が支給されます。平均して1回の夜勤で約2万円の手当が支給されます。それが夜勤専従となると、手当は倍額の4万円です。報酬の高さに魅力を感じ、夜勤専従として働くことを希望する人が増えているようですね。

月に9回夜勤に入る看護師の年収は、約600万円とされています。日勤のみを行う日勤専従や日勤や夜勤を繰り返すシフトで働くよりも高年収なところが魅力です。しかし、夜勤専従の看護師年収は勤務する病院形態や雇用の種類によって異なります。一般病院の夜勤手当が4万円とすると、老人福祉に携わる病院では、2〜3万円の夜勤手当になります。

そして、夜勤常勤のスタイルにも、常勤と非常勤の雇用体系があります。常勤では、基本給+夜勤手当が支給されることになり、月収は約40万円です。ボーナスの支給もありますので、非常勤に比べ高年収が期待できます。しかし、非常勤では自分が夜勤に入りたい時だけ働くといったスタイルも可能となりますので、どちらの雇用体系にもメリットはあります。

夜勤専従として働くことは、慣れてしまえば意外と楽と話す人が多いようですね。高年収得たい人は、夜勤専従の求人を探してみるのも年収アップのひとつの方法ではないでしょうか。

夜勤専門の求人をお探しならこの看護師転職サイトがオススメ!!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国