手術室看護師の年収相場は!?

手術室看護師の年収相場は!?

年収を左右する要素はたくさんありますが、看護師の場合はどの部署に就くかによっても年収相場が変化してきます。当然、仕事の量が多くハードになりがちなところや、専門的なスキルが求められる部署は、その業務の大変さから年収相場が上がる傾向にあります。こうした条件に当てはまるものとしては、手術室看護師があります。手術室で勤務する看護師は、執刀する医師のサポート役を務めるわけですが、医師と同じように術式をしっかりと把握したうえで、機械出しをしたり患者さんのケアをしたりする必要がありますので、レベルの高い技術と豊富な知識、そして経験が求められます。こうしたことから、優秀な手術室看護師はどの病院でも優遇され、高い給料が提示されることになります。

病院やエリアによっても異なりますが、手術室看護師の年収相場は、500万円台となっています。同じ手術室に勤務する看護師でも、外科に専属の看護師と、救急科で対応を行う看護師とでは待遇が異なることもあり、それぞれの条件を詳しく調べる必要があります。全体としては、救急部門で働く看護師の方が年収相場が高い傾向にあります。そのため、500万円台という形でも、500万円台後半の年収をもらっている看護師が多くなります。

やはり救急部門では、いろいろな状況に臨機応変に対応する能力が求められますし、看護師が独自に判断をしなければならない場面も出てきます。より能力と経験が求められる部署ですので、スキルの高い看護師が必要とされるのです。また、救急科では、外科のように予定された手術を行うのではなく、夜昼関係なく搬入されてくる患者さんに対応する必要性があります。そのため、夜勤や残業なども多くなり、ハードな業務が待っています。こうした理由からも、全体的に同じ手術室看護師の中でも、救急関連の部署にいる看護師の方が、年収相場が高めの状況が見られるのです。

とはいえ、すべての手術室看護師が、高めの年収水準となっているわけではないので注意が必要です。病院によっては、手術室を担当する看護師も、通常の病棟看護師と同じ条件で給料が設定されていて、手術を行う時だけ手術手当、もしくは危険手当が付与されるという形になっています。この手当が割高であれば良いのですが、1,000円程度の低めの手当てとなっているケースも多く、手術室勤務であってもほとんど年収が変わらないというところもあります。それで、募集情報をじっくりと確認して、満足のいく年収が提示されているかどうかをチェックすることが肝心です。

オペ室の看護師求人をお探しならこのエージェント!

ランキング ランキング1位
サイト名 マイナビ看護師
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング2位
サイト名 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国
ランキング ランキング3位
サイト名 ナースではたらこ
利用料金 無料
対応エリア 全国